LHBSのコミュニティでは、教育支援・災害支援・ホームレス炊き出しやゴミ拾いなど、様々なチャリティー活動を行ってきました。その活動を通して私たちは「GIVE GIVE GIVE」の精神を学んでいます。

「GIVE GIVE GIVE」の精神とは、「誰かの役に立つために自分にできることは何か」を考え行動し、またそのために見返りを求めないことを指しています。誰かの役に立つことは自分の周囲の環境を良くすることにつながり、また周囲の環境が良くなれば、自分の生活を向上させることにもつながります。

他人の役に立てる人間は社会的に必要とされる人間であり、社会的に必要とされる人間には仲間が集まり、仲間が集まる人間には社会的な影響力が生まれます。

影響力のある人物がボランティアやチャリティーを行うのは、社会的な責務というだけではなく、その行動によって周囲の人々が動かされていきますので、より大きな価値の創造が起きるという理由もあります。

ではなぜ「GIVE and TAKE」ではないのか。それは、人は往々にしてTAKEをしているからです。生きていくために様々なものを消費しながら暮らしている私たちは、常に何かをTAKEしながら行動しています。

周囲にGIVEをして誰かの役に立てることが、自己の社会的な信用・価値につながることを理解していくためにも、ボランティアやチャリティー活動にぜひ一緒に参加しましょう!